『討鬼伝極』僕のオプション設定|カメラ設定など

討鬼伝 極
PsVita/PSP/PS4で発売されている『討鬼伝極』のプレイ日記になります。
今までの狩りゲーにはない空中戦を思う存分楽しめる「鎖鎌」。
ニコニコ動画でプレイ動画をみて「なんじゃこりゃ?!」と驚いた武器でもありました。

今日は鎖鎌をこよなく愛する『討鬼伝極』の各種設定画面の紹介になります。

各種設定

カメラ設定

カメラ設定
■カメラ上下…ノーマル
■カメラ左右…ノーマル
■カメラ旋回速度…速Max
■標準カメラ上下…ノーマル
■標準カメラ左右…ノーマル
■標準カメラ旋回速度…速Max
■カメラ上下リセット…OFF
■カメラ右スティック…ON
■標準カメラ初期方向…固定
■注視カメラ上下追従…ON

最後の下ふたつがかなり重要です。
「標準カメラ方向」は初期設定(デフォルト)だと”背後”になっている。
「標準カメラ方向」が”背後”だと分銅を使うたびカメラが背後になるため敵の攻撃が目視しづらいためです。
近距離で視点を頻繁に変える時があるので「標準カメラ初期方向…固定」がおすすめです。
逆に弓の場合は、「標準カメラ初期方向…背後」の方がいいかもしれません。

「注視カメラ上下追従…ON」にしておくと溜め分銅の時のロックオン・マニュアル操作の切り替えなど、視点操作がしやすくなる。この辺はお好みで!

その他の設定

音量設定は、環境によりけりですが効果音から「空蝉の術」が剥がれたか分かるためBGM音量とのバランスも大切。
鬼の効果音や声、仲間の声・効果音で判断する場合もあるので音って重要なんだなぁって思いました。

『討鬼伝極』のアップデートで仲間の気力表示ができるようになったので、オンラインの時は仲間の気力を目安にバフなどができるようになった。
個人的には「仲間の気力表示…ON」をすすめたいが、仲間のHPが若干見づらくなるのがネック。この辺はお好みになります。

カメラ設定を多少いじるだけでより操作しやすくなるといいですね!
よい『討鬼伝』ライフを!!

>『ゲーム想起』について

『ゲーム想起』について

ゲームから日常のことまで
暮らしを見つめるブログです。