iPhoneで保存した写真をPC上でダウンロードすると『iCloud Photos(.zip)』になる場合の原因と対処方法|iOS

こんにちは、アフロっ栗です。

パソコンでいつのようにiPhoneのカメラで撮った画像をiCloud経由でダウンロードしたところ….。

普段だったら、○.jpegと表示される画像データが、『iCloud Photos.zip』としてダウンロードするようになっていた。

☑僕はPC上で、拡張子の表示するように設定しているため、zipと表示されています。お使いのPCの環境によって『iCloud Photos』のみ表示されている場合があります。

zip形式(圧縮)でなぜダウンロードされるんだろうと疑問に思い、フォルダの中を開いてみたら

①○○○.jpeg(.png)

②○○○.MOV

の2つのファイルが存在していました。

今回は、

☑写真と動画の両方が勝手に保存される

☑jpegファイル(pngファイル)だけ欲しい(静止画)

☑iCloudデータをダウンロードして毎回圧縮フォルダの中身を見るのが面倒

上記でお困りの方への記事になります。

動画と写真の両方が保存される原因

iPhoneのカメラには、「Live photos」という機能があります。
Live Photoの機能をONにした状態で、撮影すると、撮影した瞬間のおよそ前後1.5秒ずつ(計3秒間)が動画として保存される機能があります。

今回の原因は、

👉🔴Live Photoの機能をONにした状態でカメラを使用して、画像ファイル(.Jpeg)動画ファイル(.MOV)の両方が保存されていた。

[豆知識]
MOV拡張子とは、Apple独自の動画ファイル形式です。
Macとの互換性が高いファイルです。

Live photos機能をオフにする。

カメラ機能を開きます。
のマークをタップし、Live photos機能をオフにします。

毎回Live photos機能がONになる場合の対処方法

毎回 Live Photos機能がONになったり、たまになったりする場合は、以下の設定を確認してください。

1.スマホ上の[設定]をタップします。

2.次に「カメラ」タブをタップします。

3.次に[設定を保持]をタップします。

4.最後に Live Photos をONに設定します。
※自動的にオンの状態に戻らずに、Live Photosの設定を保持します。

最後に

以上が今回の原因と対処方法になります。
Live photos機能をONにすると撮影前後の3秒を記録しますが、保存してある写真画像にすべてLive photosの機能があると、単純に計算すると、

Live Photos機能有りの画像枚数が1,000枚あったら、

1,000枚*3⇔3,000秒の動画⇔50分動画と同等となります。

地理と積もれば山となり、お手持ちのスマホのデータ容量を圧迫する原因にもなります。

撮影する3秒の手ブレを見るのが楽しみなんだ!!
手ブレに恋する3秒間っ!フーフハハハッ!

僕は基本的にはLive photos機能はOFFにしています。
特に用途がなればOFFにすることをおすすめします。

Posted by アフロっ栗