ゲーム想起[Game_Souki]

『Alan Wake』レビュー|光と闇を彷徨うアドベンチャー

公開日: : 最終更新日:2015/08/21 Alan Wake, STEAM, レビュー

alanwake_eyecatch
Alan Wake(アランウェイク)』はMicrosoftからXbox360でリリースされ、のちにPC版に移植されたアクション・アドベンチャーゲームです。


スポンサーリンク

■Steam版『AlanWake』
ジャンル:アクション,アドベンチャー
リリース日:2012年2月17日
言語:音声・字幕共日本語対応
Steam トレーディングカード対応

物語-概要-

アメリカのベストセラー作家「アラン・ウェイク」はスランプから脱出するため妻のアリスと大西洋岸部の田舎町「ブライトフォールズ」を訪れるところからはじまります。
宿泊先のコールドロンレイク中央部のダイバー島のキャビンでタイプライターを持っていってそれをみたアリスが
「仕事を忘れて一緒に休暇したいって言ったじゃない!」
タイプライターからはじまる喧嘩をはじめる。
AlanWakeReview00
アランは逃げるようにキャビンに出た直後、悲鳴と共にアリスが湖に落ちていった。アリスを助けるため湖に飛び込みその後大破した車の中で目が覚める。
妻の安否を確かめるため深い闇と安息の光を求め彷徨う。

妻の身に何があったのか。
物語の冒頭で囁きかける「彼は何も知らなかったのだ」の意味は一体。

操作-概要-

操作はSteam版『Alan Wake』デフォルトの操作説明になります。Xbox360版とデフォルトの設定が異なる場合があります。
[左スティック]で移動、[右スティック]で視点移動。
[Aボタン]でジャンプ
[Bボタン]で使う(弾丸の補充やオブジェクトのアクション操作)
[Yボタン]で投擲武器を投げる
[Xボタン]で走る/回避
[LBボタン]でライトのバッテリー交換
[RBボタン]で武器をリロード。[RBボタン]を連打することでリロードが早まる。
[LTボタン]でライトの光量を上げる
[RTボタン]で武器を発射
Alan Wake review_03
重要な操作として、[Yボタン]を押した後すぐ離すと投擲武器を投げてしまうが、発煙筒の場合、[Yボタン]を押しっぱなしにすると発煙筒を持ちながら移動が可能です。
複数に囲まれて目的地に強引に移動する手段として使ったり壁際に追い込まれた時体制を立て直すのに便利。

最も重要な操作が[Xボタン]で行う回避です。
敵の攻撃を回避することで演出で時間の流れがスローモーションになるので、危険の回避と状況の把握を同時に行えます。
中盤から後半にかけて敵の数がかなり多い箇所があるので各敵の回避のタイミングを覚えよう!
個人的に「攻撃が出そうだな~」って思った時、若干早めに入力すると吉。

Alanwake Review04

システム-概要-

『Alan Wake』は世界観・システムに「光と闇の戦い」のコンセプトを持った作りになっています。
光には、[敵を怯ませる効果]と[敵の闇バリアを剥がす]効果があります。

敵を倒す際、最初に[敵の闇バリアを剥がす]→[銃などで倒す]システムです。
Alan Wake review_01
闇をまとっている状態だと敵に銃を撃ちこんでもダメージにはなりません。
そのため『Alan Wake』は複数の敵との戦闘は緊張感があるメリットと戦闘に若干時間が掛かるデメリットが存在します。
画面左上の懐中電灯のマークが無くなると光を敵に当てられず怯ませられれない、ダメージを与えられなくなります。

懐中電灯のバッテリーをストックし戦闘の激しくない時は温存し、戦闘が激化する場合はバッテリーを惜しみなく使うなど戦闘にメリハリがあります。
ファーストプレイだと一寸先は闇状態なので
「弾残しておこうかな。バッテリーどうしようかな。」とハラハラドキドキの旅路を味わえる。

ライトを当てることで浮き出てくる文字や矢印がヒントおよびアイテムがある箇所を教えてくれます。
探索好きにはたまらない。原稿探し(収集アイテム)もこのゲームの楽しみの一つ。
AlanWake05

アクションとしては秀逸、ホラーとしてはB級?

複数に囲まれた時の緊張感は面白い。
主人公は銃やアイテムをいろいろ所持できるため、ホラー目的で買うと肩透かしの可能性あり。
個人的にはチェックポイントが若干多すぎかなって思いました。この辺のバランスって難しいなって思いました。

アランの視線に注意しよう

戦闘中・探索中アランが突然視線を変える時があります。
目視した敵より危険な敵がいる場合や、何かしらのメッセージ・オブジェクトが近くに存在する場合です。
次に行く場所がわからなくなった時くまなく探索して、アランの視線変わるポイントを探してみよう!
Alan Wake review_05
各チャプターごとにナレーションが入るので、アメリカのドラマのような演出は好印象です。
光に入った時の安堵感は堪らない。
AlanWake06
最近頻繁にセールを見かけるようになりました。気になったら是非プレイしてみてくださいね。

afrolei_namie


ゲーム ブログランキングへ

スポンサーリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

OUTLAST_03

『OUTLAST』レビュー|ビデオカメラを片手に逃げまくれ!!!

PC版/PS4版/XboxOne版で発売されている『OUTLAST』 Steam版(PC版

記事を読む

Mebius_FINAL FANTASY_マルチプレイ01

【メビウスFF】マルチプレイモードをやってみた

2016年2月1日から『Mebius FINAL FANTASY(メビウス ファイナルファンタジ

記事を読む

FreeWeekendDeal_2014_04_25_01

[終了]Steamスポットライト特集2014-04-25|『Company of Heroes 2』『Rising Storm』が期間限定で無料プレイ

2014年4月25日から期間限定(2日程度)で『Company of Heroes 2』『Ris

記事を読む

HOTLINE_MIAMI_eyecatch

『HOTLINE MIAMI』レビュー|中毒性のある0.5秒リトライアクション

今回紹介するのはSTEAMで配信中の2D見下ろし型アクションゲーム『HOTLINE MIAMI(

記事を読む

the Stnley Parable01

『The Stanley Parable』レビュー|作り手 vs 遊び手

Steamで配信されている『The Stanley Parable』 ゲームのジャンルは...

記事を読む

Steam_info_in_game

[Steam]あれ?!いつの間にこんな機能が?|ゲームにFPSを表示してみよう編

ブログ用にゲームのスクリーンショットでも撮るか-!とSteamでのショートカット割り振りキー忘れ

記事を読む

討鬼伝 パッケージ画像01

PsVita『討鬼伝』レビュー|「進撃の巨人」の世界が堪能できる!

PsVita/PSP『討鬼伝』【発売日】2013年6月27日(PSP版も同時発売) 2013年

記事を読む

Crawl

SteamGreenlight 『Crawl』|ドットアクションの躍動感!!

Steam GreenlightでインディーゲームPowerhoofのアクションRPG『Craw

記事を読む

motogp14_title

『MotoGP14』レビューとレース攻略のコツ

PC/PS4/PS3/PS Vita/Xbox360で発売されている『MotoGP14』の記

記事を読む

2015-06-22_00010

アビスオデッセイ『Abyss Odyssey』攻略レビュー序章|なんだこいつは?!

Steamのサマーセールで購入した『アビスオデッセイ-Abyss Odyssey-』をプレイ中。

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク

  •  
    afrolei_namieのライブビデオをwww.twitch.tvから視聴する
    【現在プレイ中のゲーム】
    ロックスミス2014
    グラビティデイズ
    ファイナルファンタジー14
  • Twitter @afrolei_namie
PAGE TOP ↑